Pocket

father_burasagari

ビートルズのジョン・レノンって
若い頃は、子供が苦手だったそうです。

両親とは、ほとんど一緒に暮らしてないので
親としての愛情を受けたこともない。

だから結婚して一児の親となって
とまどったそうです。

自分の子どもに、どう接していいか
分からなかったんですね。

だから
ジョン・レノンの最初の子どもは
父親の愛情をほとんど受けずに育ちました。

そのことは、後々まで後悔したようです。

 
2人めの子ショーンは
ジョンが30代中盤の頃に生まれました。

生まれて1年後には
音楽活動を中断して、子育てに専念しました。

 
周囲の人たちは、ジョンに言いました。

「君が音楽活動をやめるのは
 世界にとって損失だ」

でもジョンは答えました。
「君は知らないのか?
 子どもに接するのって
 こんな創造的なことはないよ」

 
数年後、ジョンは音楽活動を再開しました。

「音楽と子どもへの関わりとが両立出来る」
と自信も持てるようになれたからです。

 
ジョンは子育てのために
数年間の音楽キャリアを失いました。
でもその代わりに得られた成果は
大きかったと思います。

 
 
「自分のパターンを破る」のは
大変なことですね。

ジョン・レノンは
子どもとの関わり方を知らない自分から
コミュニケーションの豊かな父親へと
生まれ変わりました。

そうなるために
数年間の音楽キャリアを
惜しげもなく手放しました。

誰が何て言おうと
大切なことだと思ったからです。

 
ジョンの変化を見ると
「人は変われるんだ!」
と心の底から思います。

偉大な人だったと思います。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

facebook(フォローは遠慮なくどうぞ)

ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

スポンサードリンク