Pocket

omoi_businessman

電通の新入社員が自殺したニュース、
しばらく話題になりましたね。

この話を聞いて、
社会人になった時のことを思い出しました。

最初に入ったのは、都内の小さなベンチャー企業。
地域のお勧めの飲食店やカルチャースクールを
電話で紹介するサービスでした。
今でもNTTで、ハローダイヤルというサービスがありますが、
その先駆けのようなものです。

提携先として契約したお店を
優先的に紹介するのですが、
私がやっていたのは、
その提携先を新規契約する営業でした。

ベンチャー企業ということで、
面白そうな会社だと思いました。

そんな軽い気持ちで入社しました。

でも、入社したその日にやめたくなりました。

社員数は30人だと聞いていたのに、
4人しかいない。
4人のうち2人は社長とその奥さん。
あと2人は女性の電話オペレーター。

新入社員は私を入れて4人。
男性は、社長を除くと私だけでした。
他の社員は、去年の暮れに
一斉に辞めたんだそうです。

何かとんでもない間違いの中に
いるように感じました。
自分がひどくみじめに感じました。

やめたら鹿児島に帰ることになる。
さんざん反対を押し切って鹿児島を出たのに、
また戻ることは、負けを認めるようなもの。
それが留まった理由でした。

営業の仕事は、学べることもありました。
でも営業トークの中で、
サービスを水増しして伝えるのはイヤでした。

オペレータが2人しかいないのに、
「30人常置している」と言ったり。
電話の問い合わせが1時間に2本くらいのときもあるのに、
「1時間30~100の問い合わせがある」と言ったり。

そして、そうすることで確実に、
気持ちはすさんでいきました。

自分が決めたことで、
自分をすり減らしてしまっていることはないでしょうか?
その時の自分がそうでした。

あなたが今考えている選択は、
5年後のあなたに何を与えますか?

その選択をしないことは、
5年後の未来に何を与えますか?

次回に続きます

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

facebook(フォローは遠慮なくどうぞ)

ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

スポンサードリンク