Pocket

home_gaisyutsu_girl

あなたが怒っているとき、
ストレスを感じているとき、
どんな視線で周囲を見ているでしょうか?

意識されたことはありますか?

私は以前、ある霊能者の方に、
「あなたの視線の力に、気を付けた方が良い」
と言われました。

それ以来、どんな視線で周りを見ているのか、
意識するようになりました。

仏教に八施という考え方があります。
どんなに貧しくて、ものがない状態でも、
与えられるものが、少くとも八つはある、
という考え方です。

眼施というのは、人を見つめるその視線だけで、
施しになるという考え方です。

たしかに見られているだけで、
温かさを感じるときもあれば、
嫌な感じになるときもあります。

私は以前、スーパーの日用品売り場で働いていました。
でも、一緒に働いていた30代くらいの女性のパートさんと
あまり良い関係ではありませんでした。

彼女は何か仕事を頼んでも、すぐに出来ず、
何でも時間がかかる様子でした。
無口で、あまり愛想もなく、
こちらから挨拶しても、
一言で会話が終わってしまいます。

自然と彼女との間に距離を感じるようになっていました。

でもある時、彼女の丁寧さに気付きました。
他のパートさんでは考えられないくらいのレベルで、
とても丁寧に、また指示された通りに、
仕事をやってくれていました。

いつの間にか彼女は、自分にとって、
とても信頼のおける存在になっていました。

そのうちに、
会話も交わすようになり、
笑顔も見るようになって、
彼女が、無口でも無愛想でも
なかったことに気付きました。

私は彼女を「扱いにくい」存在と感じていました。
そのことが、伝わっていたのだと思います。

あなたは周りの人をどんな視線で見ていますか?

あなたが見ることで、
周りの方は、温かさを感じるのでしょうか?
ストレスを感じるのでしょうか?

あなたが誰かの中に、
素晴らしさを見ることができたとき、
その人との関係は、
どのように変わっていくでしょう?

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

facebook(フォローは遠慮なくどうぞ)

ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

スポンサードリンク