Pocket

youchien_sanpo

「自分を大切にする」ための大切な4つ、

その4つ目です。

これまで、じぶんを大切にするため、
私が実践していることをお伝えしてきました。

「自分を大切にする」ための大切な4つ ①
「自分を大切にする」ための大切な4つ ②
「自分を大切にする」ための大切な4つ ③

4つ目は、
「期待しない」

「期待しない」といっても、
「願いが実現する」ことや
「幸せになる」ことを期待しない、
ということではありません。

「こんな風に叶うんじゃないかな~」とか
「こんな風に幸せになるんじゃないかな~」といった
プロセスのイメージに期待しない、ということです。

こんな話があります。
ある男が海で遭難して、無人島に流されました。
男は信仰深かったので、毎日神に助けを求めました。
「私をこの島から出して下さい」

次の日、通りかかった漁師の男が、
無人島の男に呼びかけました。
「お~い、助けに来たぞ」
無人島の男は、漁師に答えました。
「大丈夫です。ほっといて下さい」
そう言って、男は神が助けに来るのを待ちました。

次の日も別の漁師が通りかかり、
男に声をかけました。
でも男は助けを断り、
神が助けに来るのを待ちました。

次の日も、その次の日も。

そうして最終的に男は、
無人島で餓死しました。

男は天国に行き、
神に会うと、文句を言いました。

「私があれだけ祈ったのに、
「あなたは、助けに来なかった」

神は言いました。
「何を言っとるんだ。
「私がどれだけ助けに行っても、
「お前は断ったじゃないか。
「何度も助けに行っただろう、漁師の姿で」

望みの実現は、
イメージしたものと違う形を取るかもしれません。

エジソンは、歴史に残る発明家で、
実業家としても成功しました。
でも、小学校は3ヶ月で退学になりました。

「五体不満足」の乙武洋匡さんは、
両手両足がない状態で生まれましたが、
出版した本はベストセラーになり、
スポートライターとしてテレビに出たり、
夢だった学校の先生になったりと、
普通の健常者以上に望みを叶えてきた人です。

彼らは成功者だと思いますが、
「人はこうやって成功する」
という一般的なモデルとは、
かけ離れているかもしれません。

だから、
一般的なモデルでの成功を期待していると、
小学校を落第になったり、障害をもった段階で、
絶望してしまうと思います。

さて、
「実現するためには~すべき」
というやり方を手放して、
ただゴールを見つめ、
ゴールへの道を問い続ける時、
どんな奇跡が起こるでしょうか?

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

facebook(フォローは遠慮なくどうぞ)

ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

スポンサードリンク