Pocket

gardening_man

昨日のブログの中で、
自分自身を大切にすることが、
結果的に周りの人も大切にすることになり、
ひいては周りの人からも大切にされることになる、
ということをお伝えしました。
「人間関係でいちばん大切なこと」

では「自分を大切にする」ために、
どうしたら良いんでしょう?
具体的に、何をしていったら良いと思いますか?

私の場合、4つのことを意識するようにしています。
一つ目は、「自分を信頼する」ことです。

時々自分のことをとてつもなく愚かに感じたり、
情けない奴に感じたりします。

大きな失敗をした時、ミスしてしまった時、
特にそう思います。

「何やってんだ!」と自分を責め、罵りたくなります。

でも、自分を責め罵ることと
「今はそうだけど、未来はきっと良くなる」
と信頼しているのとでは、
どちらが、価値があるでしょうか?

どちらが未来の可能性を開いてくれるでしょう?

セミナーを開催している友人が、ある時教えてくれました。
彼はセミナーが始まる前に、
あることを思い浮かべるんだそうです。

それは参加者の笑顔。
そして出来なかったことが出来るようになった感動の声。

それがしっかりイメージ出来てると、
予測してなかったことが起こっても、
落ち着いて対処でき、
最終的にイメージのとおりに進むのだそうです。

発明王エジソンはとても個性的な子どもでした。
小学校はわずか3ヶ月で退学になりました。
度重なる質問や授業に従わない姿勢が、
他の生徒の迷惑になる、と判断されたためでした。

でもエジソンの母だけは、最後まで味方でいました。
「授業に集中できないのは、教え方が悪いからだ」
とまで言いました。
彼の才能を信じていたからです。
エジソンにとって、どれほど力になったことでしょう。

自分を振り返っても、
自分の欠点をあら捜しする人のそばにいる時よりも、
可能性を信じてくれている人がそばにいる時の方が、
はるかに気持ちも緩み、パフォーマンスも上がります。

人の欠点や出来ないところに焦点を当てて、
周りの人の力を落とすことを望みますか?

それとも、
目の前の人のすばらしさや未来の可能性を見つめることで、
その人たちがどんどん輝いていくことを望みますか?

周りの人の可能性を見ていくためにも、
まずは、自分自身の可能性や力を信頼することですね。
今よりも自分を信頼できるようになったら、
どんな可能性が開かれるのでしょうか?

どんな未来になっていくのでしょうか?

今回は
「自分を大切にするための大切な4つ」
今回はその一つ目について、お伝えしました。

次回は、二つ目をご紹介します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

facebook(フォローは遠慮なくどうぞ)

ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

スポンサードリンク