Pocket

先日ジェネラティブ・コーチングというセミナーに参加しました。

NLPの重鎮であるロバート・ディルツ氏と
エリクソン催眠の権威であるスティーブン・ギリガン氏
その二人が講師を務める、大変贅沢なセミナーでした。

今回は、そのギリガン氏のデモを受けることが出来ました。

デモの中で
「プロコーチとして成功する!」
という意図の下にタイムラインを歩きます。

ギリガン氏のアプローチは一見シンプル。
でも、そのシンプルさに全力を込めている。

目の前に接している時にまず感じたのは、安心感。

目の前の相手に対して
肯定的な注意を全力で向けてくれているからではないかと、思います。

未来に対する希望を感じている時に
ふと「本当に出来るか?」という不安が出てきました。

そうシェアすると
「不安を感じている身体の場所に『ようこそ』と伝えましょう」
と言ってくれました。

ただそれだけで
不安を感じていた胸の場所が暖かくなり
拓けた感じになりました。

そして不安は消え、気持ちが軽くなりました。

手品師が一瞬のしぐさで、目の前のコインを鳩に変えるような
まるでマジックを見るような体験でした。

でも、彼が「ようこそ」と言った時には
本気で言ってくれているのは伝わりました。

自分が感じている不安が
自分のリソース(味方)になってくれると
本気で信じてくれている。

それが伝わりました。

マスターの技はシンプルだけど、一つ一つの深みが違う。
そのことを実感することが出来ました。

生きていく中で様々な出来事に出会います。

その一つ一つに対して
「ようこそ!」と言うことが出来たら
「それは面白い!」と言うことが出来たら
その一つ一つが
未来のビジョンへのステップだと
本気で信じることが出来たら
どんなすばらしい未来が
待っていることでしょうか?

その一つ一つを受け止めていける
注意深い自分でありたいと思っています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

facebook(フォローは遠慮なくどうぞ)

ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

スポンサードリンク