Pocket

「上達したい」ことはありますか?

私はあります。

コーチング。英語学習。ギター。コミュニケーション。
マーケティング。ライティング。カウンセリング。

どんな分野でも
上達するためには
継続して実践することですね。

でも、続けられなくなって
諦めてしまうことも多いです。

私もたくさんのことを諦めてきました。

 
 
どうして続けられないのでしょう?

なかなか結果が出ないから。
努力するわりに、ごほうびが少ないからですね。

結果ばかりを意識していると
苦しくなりますね。

 
 
私は「上達したい」と思う時
次の3つを意識するようにしています。

 
 
一つは、時間。

目的のために、時間を確保する。
まずはそれだけで、大きな前進ですね。

あるアメリカ人は
小説家になろうと心に決めました。

そして毎日決まった時間は机に向かい
小説を書く時間にあてたそうです。

一行の文が浮かばない時でも
その時間だけは
机の前に座ります。

彼はその後、夢を叶え、小説家になりました。
文豪と呼ばれた、サマセット・モームです。

 
 
二つ目は量。

アウトプットしているでしょうか?

量をこなせばこなすほど
経験値が増えます。

アイデアを出す方法で
ブレインストーミングというやり方があります。

どんな意見やアイデアも歓迎するやり方です。

どんなつまらない意見も否定しません。

そうすることで、自由に意見が出せるようになり
思わぬアイデアが浮かんできたりします。

最初のうちはとくに
質より量がアウトプットの基本です。

 
 
3つめは、チャレンジ。

時間と量をつぎこんでも、伸び悩む。

そんな時こそ、違うやり方にトライするタイミングです。

 
英語のリスニングに伸び悩んだら
ディクテーション(リスニングした単語の書きとり)してみたら
効果があるかもしれません。

営業に伸び悩んだら
世間話で子どもの頃の話をするようにしたら
変化するかもしれません。

 
 
結果が生み出されるのは
「つぎ込む時間」「アウトプットの量」「工夫した数」のおかげですね。

起きた結果だけを評価するのでなく
「時間」「量」「チャレンジ」のそれぞれで
出来ている自分を評価出来たら
今まで以上にいろんなことが
出来るようになります。

そう思います。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

facebook(フォローは遠慮なくどうぞ)

ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

スポンサードリンク