Pocket

がんばれば、がんばるほど、結果が出ない。

そんな思いをしたことはないですか?

好きな女の子に話しかけようと思えば思うほど
緊張して、声が出なくなる。

試験の当日になると、きまって腹痛が起こる。

目的を意識すればするほど
力が発揮出来なくなることがあります。

 
 
先日、アレクサンダー・テクニックという
トレーニングを受けてみました。

身体に最適な動きを見つけていこうとする
トレーニングです。

トレーニングの中に
チェアワークと呼ばれるものがあります。

首や背中が自由に動くことをイメージして
椅子に座ったり立ち上がったりします。

普段当たり前にやっている動きだけど
意識して動かそうとすると
ぎこちなくなります。

まず私の場合
座ろうと思った瞬間に、身体が固まります。
そして、呼吸も浅くなる。

意識すればするほど、そうなります。

聞けば、ほとんどの人が同じ体験をするらしいです。

でも、何度かくり返していく中で
だんだんとコツが分かりました。

「なんとなく意識を向ける」こと。

100パーセント完ぺきを求めず
なんとなく注意を向け
それで「万事うまくいく」と
自分に信頼を置く。

 
 
どんな分野でも
がんばるほど
力が入るほど
身体は緊張し、呼吸は浅くなり
結果的に、パフォーマンス(成果)が落ちるように思います。

 
 
大事な試験の時も
大好きな誰かに、声を掛けようとする時も
大切な瞬間であればあるほど
「万事うまくいく」と自分を信頼して
ほどほどにがんばれたらと思います。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

facebook(フォローは遠慮なくどうぞ)

ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

スポンサードリンク