Pocket

 
対人関係がうまくいかないと感じる時には
「アサーション」を意識すると良いかもしれません。

 

「アサーション・トレーニング 」 平木典子

 
アサーション(Assertion)とは
「主張する」という意味があります。

自分も周りの人も大切にするやり方で
自分を主張する方法です。

 
対人関係がうまくいかないとき
自分の要望をうまく相手に伝え切れないことが
多いように思います。

たとえば
本当はすぐに家に帰りたいのに
上司に嫌われたくないから、残業してしまったり
本当は仕事を手伝ってもらいたいのに
「一人で大丈夫です」と言ってしまったりします。

そしてある日、ふとしたきっかけで爆発したりします。
あまり関係のない相手に対して。

うつ病などの病気と言う形で、外に現れる場合もあります。

どちらにしても、あまりいいやり方ではありません。

 
 
「アサーションの12の権利」というものがあります。
興味がある方は、ぜひ検索してみると良いですね。
考えさせるものが多いです。

 
たとえばその中に
「間違う」権利があります。

何かを間違えたときに
誰にも迷惑をかけてないのに
恥ずかしく思ったりしてないでしょうか?

 
「『よく分かりません』と言う」権利があります。

分からないことを「分からない」と
はっきり言えているでしょうか?

 
「自分の感情を表現する」権利があります。

ネガティブな気持ちになった時
相手に謝ったりしてないでしょうか?

 
 
そしてこれは、周りの人にとっても
持つべき権利です。

身近な人が間違えた時
あなたの提案に対して「よく分かりません」と言った時
いきなり泣き出したり、怒り出したりしたとき
どのように受け止めているでしょう?

OKを出せているでしょうか?

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

facebook(フォローは遠慮なくどうぞ)

ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

スポンサードリンク