Pocket

イヤなことがあった時に
切り替える方法が二つあります。

一つは、具体的に行動すること。

たとえばイヤなことを言われたら
その人に抗議したり
席を離れたりできますね。

でも、行動できない時もあるし
行動したとしても
すぐに結果が出ないこともあります。

たとえばイヤなことを言われても
上司だから抗議しにくい。

お金がない状況を変えたくても
今起こす行動で
すぐに結果が出にくい

 
 
そんな時でも、瞬時に切り替えられる方法があります。

それは、考え方や捉え方を変えることです。

たとえば朝、決めた時間に起きれなかったとします。
起きれなかったことで、イヤな気分になります。

朝起きれなかった事実は、変えられません。

イヤな気分も変えられません。
紛らわしたり、抑えることは出来ても
変えることは出来ません。

でも、感情を生み出した
捉え方や信念は変えることが出来ます。

たとえば、朝起きれなくてイヤな気分になったのは
「朝起きれなかった」という出来事を
「失敗した」とか
「一日無駄にした」とか
「だから自分はダメだ」
という風にとらえたからですね。

このとらえ方を変えてみたら
何が起こるでしょうか?

「失敗した」ではなく
「この経験を活かすことが出来る」
と変えることが出来るかもしれません。

「一日無駄にした」ではなく
「時間を有効に使えるように、成長しつつある」
と捉え直せるかもしれません。

「自分はダメだ」ではなく
「経験から着実に学んでいる」
と受け止めることが出来るかもしれません。

とらえ方が変わると、感情も変わります。

 
 
コツは
事実をねじ曲げるのではなく
視点を少しだけ変える。

表現が少し変わるだけでも
気分は変わります。

自分にやさしい表現になることで
同じ出来事も
受け止められるようになっていきます。

リラックスして、落ち着いて
人や出来事に関われるようになっていきます。

お試しください。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

facebook(フォローは遠慮なくどうぞ)

ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

スポンサードリンク