Pocket

問題に対処しやすいやり方と
こじらせるやり方があります。

たとえば「あいつ使えねぇよな」と言っている人は
この先ずっと、「使えない相手」の才能に
気づくことはないと思います。

関係性もこじれたままでしょう。

 
 
状況を変化させるために
私だったら、こんな問いかけをすると思います。

「使えない人と思ったのは
 どんな出来事があったからでしょう?」

「その人がどんな行動を取ったから
 どんな姿勢だったから
 使えない人と結論付けたのでしょうか?」

 
 
彼が遅刻をくり返していたのなら
遅刻しないように働きかけることが出来ますね。
遅刻の原因を聞くことで
対処できるかもしれません。

営業成績が上がらないのなら
営業力の高い社員にサポートしてもらうことで
変わるかもしれません。

 
 
でも、「使えないやつ」と結論付けると
そこで思考停止します。

何の答えも見つかりません。
改善も成長もありません。

 
 
自己否定の強い人は
自分に対して同じことをやっています。

私も以前「コミュニケーションが苦手」
という言葉をよく口癖にしていました。

「コミュニケーションが苦手」って
どういう状態でしょうか?

具体的にどんな出来事があって
「苦手」と感じたんでしょうか?

人や出来事を大雑把にとらえず
事実をきちんと拾い上げていくと
望みとギャップが見えてきます。

やるべきこと・手放すべきことが
具体的に見えてきます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

facebook(フォローは遠慮なくどうぞ)

ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

スポンサードリンク