Pocket

悩みを聞く時に大切なこと。

問題解決やアドバイスをする以上に
大切な3つのことを紹介しています。

 
一つ目は、相手の身になって考えること。
「誰もアドバイスなんか求めていない①」

二つ目は、相手の望みを考えること。
「誰もアドバイスなんか求めていない②」

そして三つ目は
相反する気持ちに寄り添うことです。

 
心の中には、相反する気持ちがあります。

毎朝早起きしたい気持ちもあれば
朝ぎりぎりまで寝ていたい気持ちもあります。

減量したい気持ちもあれば
好きなものを好きなだけ食べ
好きなようにしたい気持ちもあります。

でも、早起きする自分が正しくて
遅く起きる自分は間違っている。
そう思ってしまう時があります。

 
前に進みたい気持ちも
後退したい気持ちも
両方とも自分の思いなのに
片方だけが正しくて
もう片方を隠したくなる時があります。

 
だから話を聞くときには
「どちらを選んでも大丈夫」という姿勢を
持つようにしています。

早起きしたいのなら
早起きできるように
応援するし、知恵をしぼります。

ゆっくり起きたいのなら
早起きできないことに
罪悪感を持たないように
より大切なことに意識を向けてもらいます。

どちらを選んでも
成長できるし、幸せになれるのです。

 
そういう姿勢で話を聞いていくと
二つの思いの両方が
大切な思いであることに気づいていきます。

どちらか一方が正しくて
もう片方が足を引っ張っているわけではない。

早起きしたい思いは
自分を律し、自信をつけたい思いから来ているし、
ゆっくり起きたい思いは
自分にやさしく、リラックスさせたい
思いから来ています。

 
相反する両方の思いに寄り添えた時
どちらか一方を選ぶのではなく
両方の思いを満たす答を探すようになります。

 
悩んでいる人の前で
答えを出してあげる必要はないですね。

悩んでいること自体は
何の問題もないし
何を選んでも間違いではない。
その姿勢が伝わったら
自然と答えに近づいていくのだと思います。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

facebook(フォローは遠慮なくどうぞ)

ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

スポンサードリンク