Pocket

友人の子どもが高校受験を控えているが
勉強する気配がない。

母親はやきもきしているが
子どもが勉強しないのも無理はないと思います。

 
 
人に、本当に伝えたいことがある時
大切にすべきことは、3つあると思います。

 
 
一つは、「相手に何を望むのか?」見つめ直すこと。

相手にどうなってほしいでしょうか?

「なぜ、そう望むのか?」理由も見つめたら良いと思います。

先ほどの例だと
なぜ、〇〇高校に行ってもらいたいんでしょう?
なぜ、勉強すべきなんでしょう?

その理由は、本当に相手のためでしょうか?

母親の好みは入ってないでしょうか?
周りの目とか、気にしてはいないでしょうか?

 
 
二つ目は、「相手の立場に立つ」こと。

習慣を変えるのは、大変なことです。

自分にあてはめてみたら、どうでしょうか?

勉強のように好きでもないことを
継続してやっていこうと
何があったら思えるでしょうか?

あなた自身は、どんな時に
自分のパターンを破って
新しい行動を習慣に出来たでしょうか?

 
 
三つめは、「相手の意思を尊重する」です。

人にコントロールされるのは、誰でもイヤです。

「右に行け」と言われたら、反発して
あえて左を選んだりします。

でも、「何を選んでも良い」と言われると
「どうすべきか?」と
内面への問いかけが始まります。

 
本当の幸せを願うなら
「どうしたいか?」「どうなりたいか?」
を探せるようになることが
いちばんの財産だと思います。

受験に合格する以上に何よりも
大切なことだと思います。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

facebook(フォローは遠慮なくどうぞ)

ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

スポンサードリンク