Pocket

先週末、アシスタントに入っていた
NLPのコースが終了しました。

NLPというのは
目標実現や問題解決のための実践的な心理学です。

今年の4月からなので、半年の講座でした。

アシスタントと言っても
そんなに仕事があるわけでもなく
時々デモの相手になるくらいです。
(コースの中で学ぶスキルを
 実践して見せることをデモと言います)

その数少ない機会のデモでも緊張したりすると
余計なことを考え始めます。

「自分は役に立っているんだろうか?」
「コースの足を引っ張ってるんじゃないだろうか?」

ある時、アルファベット・ゲームというデモをしました。

アルファベットの文字を読み上げながら
指示に従い、両手両足を持ち上げるゲームです。

どの手どの足を上げるべきか
とっさに判断しなければならないので
スピードが上がるうちに混乱してきます。

もたついていると、周りから笑いがおこります。
でも構わずやり続けているうちに
最後にはスッキリした気持ちになりました。

そして終わってから
たくさんの方から温かい声をいただきました。

たしかにデモが終わって
会場の空気は変わっていました。

デモでのもたつき具合
相当面白かったようです(*^_^*)

「今日のいちばんの貢献だったね」
ある人からは、そんな言葉も頂きました。

ん? 「貢献する」って、こんなことで良いのかも。

肩の力が抜けた、一つのきっかけでした。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

facebook(フォローは遠慮なくどうぞ)

ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

スポンサードリンク