Pocket

人に何かを伝えるとき
相手にちゃんと伝わっているでしょうか?

たとえば、部下に仕事のことで注意するとき
伝えることで、相手の行動は変わっていますか?

変わらないとしたら
自己満足なだけで
相手には全く届いていない可能性があります。

 
人に何かを伝えるとき
意識すると効果的な5つのキーワードを紹介します。

 
 
キーワードの一つ目は「理想」です。

相手に何かを伝えるとき、どんな変化を期待していますか?
どんな風に行動が変わったら良いでしょうか?

そこが明確になると
伝える言葉や思いも変わると思います。

 
 
キーワードの二つ目は、「具体性」です。

「もっとしっかり」とか「丁寧に」と言うよりも
具体的な行動の違いで伝えてあげた方が、親切です。

具体的に、どんな行動が
どういう行動に変わったら良いんでしょうか?

基準を示してあげたら良いですね。

もし示せないとしたら
自分でもはっきり分かっていない可能性があります。

 
 
三つ目のキーワードは、「そもそも」です。

そもそもなぜ伝える必要があるんでしょう?
本当に伝えたいことは何でしょう?

この問いに答えることで
伝えたい思いの本質に近づきます。

 
 
四つ目のキーワードは、「一言で言うと」

一言で言うと、何を伝えたいんだろう?

メッセージを一言にまとめることで
伝えたいポイントを外さなくなります。

 
 
5つ目のキーワードは「根拠」です。

伝えたいメッセージに対して
「なぜそう言えるのか?」自問してみて下さい。

はっきり答えられないようだったら
自分以外の他の人の考えかもしれません。

世間の常識をうのみにしている場合もあります。

伝えたいことに
確かな根拠はあるでしょうか?

 
 
この5つのキーワードを意識することで
メッセージが届きやすくなります。

また一人で考える時や対話する時も
この5つを意識するだけで
より深く実践的になります。

お試しください

 
今回のブログの内容は
「7つの仕事術」という本を参考にしています。
分かりやすい良書です。
ご参照ください。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

facebook(フォローは遠慮なくどうぞ)

ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

スポンサードリンク