Pocket

問題解決しないといけないのに
方法が見つからない。

今までと違うアイデアを出したいのに
浮かんでこない。

そんなとき、どうしたら良いでしょうか?

 
 
ブレインストーミングという、方法があります。
集団で話し合うときなどに、良く使われる方法です。

新しいアイデアや問題の解決案を
その場にいる人が、出し合う。

 
ブレインストーミングで大切なのは
出てくるアイデアについて、ケチをつけないこと。

みんなバカにされたくないし
ケチをつけられたくない。

だから、ケチをつけられそうな場では
黙ってしまう。
ありがちな答えを出す。

従来の発想を超える
新しいアイデアが出るためには
ジャッジされない環境が必要ですね。

 
 
コーチングでも、クライアントさんに
解決のためのアイデアを出してもらう場面があります。

問題解決で苦しんでしまう場合
自分のやり方にこだわってしまうケースが多い。

助けを求めたらいいのに
自分の力だけでやろうとしたり
断ったらいいのに
つい仕事を引き受けてしまったり。

昔からやってきた、古いやり方ではなく
今の状況に合った、新しいやり方の
アイデアを出してもらうためには
「どんなアイデアが出ても大丈夫!」
という空気感をつくるのが大事。

その空気感があるから
新しい解決案を口にしてくれる。
今までにはなかったパターンの解決案を。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

facebook(フォローは遠慮なくどうぞ)

ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

スポンサードリンク