Pocket

前回のブログで
「当たり前と思うことが、苦しみなる」と書きました。

どんな出来事や状況も
とらえ方次第で感じ方が変わってきますね。

 
バイロン・ケイティという人が
「ザ・ワーク」という手法を紹介しています。

物事のとらえ方を変えることで
さまざまな問題や悩みを解放する手法です。

4つのシンプルな問いかけと
考え方をひっくり返すことで
ものの見方が変わります。

 
以前、ある人と口論しました。

その時のことを
「ザ・ワーク」のやり方にそって、見直しました。

 
一つめの質問では、こう問いかけます。

「イヤな気持ちにさせているのは
 どんな考え方ですか?」

私は彼のことを
こんなふうに感じていました。

「ガンコ」「人の話を聞かない」

そして、そう考えることで
彼のことを思い出すたびに
イヤな気持ちが出てきていました。

 
二つ目の質問では、こう問いかけます。

「それは本当ですか?」

私は彼のことを
「がんこ」で「人の話を聞かない」と感じました。

でも「それは本当か?」と改めて聞くと
確実ではない感じがします。

「意見がかみ合わない」ことや
「いらだっていた」のは
間違いない。

でも「ガンコ」で「人の話を聞かなかった」かどうかは
はっきりしない感じがしました。

 
次は、三つ目の質問です。

「その考えを信じると、どうなりますか?」

彼のことを
「ガンコ」で「人の話を聞かない」
と考えると
それだけで心のシャッターが下ります
ハートが閉じます。
彼のすること全てが、不快に感じられます。

 
四つ目の質問。

「その考えがなければ、どうなりますか?」

楽です。
気持ちが軽くなります。
ストレスがなくなります。

 
四つの問いかけを通して、気付きました。

彼を「がんこ」と決めつけることで
一番苦しめていたのは
自分自身だったのです。

(つづく)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

facebook(フォローは遠慮なくどうぞ)

ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

スポンサードリンク