Pocket

スーパーで働いていた頃
パートさんや学生アルバイトに対して
いつも不満がありました。

「思ったように働いてくれない」
と感じていました。

時には声を荒げてしまうこともありました。

今思うと
「出来るのが当たり前」
という気持ちがあったと思います。

「それくらい配慮するのが当たり前」
「それくらい気付いて動くのが当たり前」

そう思って見ていました。

 
でも本当にそうでしょうか?

自分だって配慮できるときと
配慮出来ない時があります。

ましてや仕事に慣れない
パートさんやアルバイトは
どうだったでしょうか?

 
仕事や人間関係でうまくいかず
自分を責める時も
同じようなことをやっています。

「それくらい(自分は)出来て当たり前」
「それくらい(自分は)間違えないのが当たり前」

「出来て当たり前」
という基準があるように思います。

 
もちろんうまく行った方が良いし、
間違えない方が良いです。

でも
「うまくいくのが当たり前」
と思っていると
うまくいかないと苦しくなります。

「出来るのが当たり前」
と思っていると、
できなかった時に、自分を責めたくなります。

 
「当たり前」と決めつけず
「うまくいかない」ときも
その事実に淡々と向き合い
ただ「うまくいくように」工夫するだけ。

「当たり前」と決めつけていると
状況を改善させることも
出来にくくなるんじゃないでしょうか?

 
「出来るのが当たり前」と思うことで
どんなメリットがあるでしょうか?
どんなデメリットがあるでしょうか?

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

facebook(フォローは遠慮なくどうぞ)

ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

スポンサードリンク