Pocket

気が散って集中出来ない
と感じることはないですか?

ついだらだらと時間を過ごして
後悔してしまうようなことはないですか?

 
そうだとしたら
ポマドーロ・テクニックを
試したら良いかもしれません。

 
ポマドーロ・テクニックというのは
集中するための方法です。

メンタリストのDAIGOも
「超集中力」という本で紹介しています。

 
やることは簡単で
25分間は集中して、5分間は休憩する。
ただそれをくり返します。

ただし25分間は
決めたこと以外はやらない。

メールが来ても返信しない。
インターネットが気になっても見ない。
電話がかかってきても出ない。
ただ決めたことだけをやります。

たったの25分でも
結構いろんな誘惑が来ます。

「メールを返信しなきゃ」と思ったり
ネットを見たくなったりします。

いつの間にか過去のことを思い出したり
「これもやらなきゃ」
と気になる別のことが浮かびます。

 
普段どれだけ、集中出来てないか
よく分かります。

25分間という時間は
集中力に自信のない自分には
ちょうど良いトレーニング。

 
そして25分を始める前と
途中の休憩も良い時間です。

25分を始める前には
「何に集中するか」を設定します。

「何をするのか」を明確にしないと
25分はとても苦しい時間になるので
そこは自然ときっちりやります。

普段は
「何をするのか」が
ぼんやりとしたままで
始めることも多かったような気がします。

だから自然と集中できなかったし
振り返ってみると
「何の時間だったんだろう?」
と思うような結果が多かったような気がします。

でも事前に
「何に集中するのか」を明確にしておくと
意識がぶれにくいし
望んだ結果が得られやすいように感じます。

 
そして25分が終わって休憩の間には
次の25分の間に気が散らないように
集中力をそらせる要因は片付けます。

トイレに行ったり
メールの返事を書いたり
気になることは済ませておきます。

前の25分が良い時間じゃなかった時には
どうしたらもっとうまくやれるかも考えます。

次の25分が
心地よいものになるように
自然と準備してしまうんですね。

 
コーチングのセッションでも
目的のために
出来ることを試してもらい
その試した結果を振り返って
より良いやり方を見つけます。

 
ポマドーロの休憩の時間は
コーチングで言う
振り返りになっている気がします。

 
何をするにしても
集中する時間と
振り返る時間とを
交互に持つように出来たら
良いかもですね。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

facebook(フォローは遠慮なくどうぞ)

ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

スポンサードリンク