Pocket

義母に久しぶりに会ったら
様子が変わっていた。

膝を痛めて歩きにくそうだったのが
以前よりずいぶん楽に歩いている。

最近リハビリに行くようになって
それが良いらしい。

リハビリでは痛めている膝よりも
背中を中心のストレッチが多いそうです。

 
背中の筋肉は、足や首の筋肉と
一枚岩のように、つながっている。

だから
背中の筋肉が柔軟性があると
足に衝撃を受けても
スポンジのように
そのショックを逃がしてくれる。

でも
背中の筋肉が固くなっていると
足に衝撃を受けると
膝にもろにショックが伝わる。

だから背中の筋肉を柔らかくするだけで
膝や首の痛みが気にならなくなるんだそうです。

 
膝が痛むと
膝を治そうとしますよね。

首が痛むと
首を治療しようとします。

でも痛む場所が
本当の原因じゃないかもしれません。

働きかけたほうが良い場所も
問題が起こっている場所以外に
あるかもしれません。

 
たとえば
子どもが登校拒否になった時も
その子どもだけに働きかけても
解決しにくいと思います。

先生が動くことで変わるかもしれないし
生徒同士の雰囲気が変わると良いのかもしれない。
家族との関係性が変わると変化するのかもしれない。

お互いがそれぞれつながっていて
影響し合っているから
変わりやすいところが変わると
そこから変化が起こったりします。

 
たとえば問題が起こった時も
こう問いかけてみたら
良いかもしれません。

「より良くなるために
 何を変えたら良いですか?」

姿勢を変えたら良いかもしれません。

外を歩いたら良いかもしれません。

誰かと話したら良いかもしれません。

笑顔になったら良いのかもしれません。

 
問題とは全く関係のないことでも
やってみることで
何かが動くかもしれません。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

facebook(フォローは遠慮なくどうぞ)

ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

スポンサードリンク