Pocket

最近、本を整理しています。

処分する本を選別するために
さーっと目を通していたのですが
その過程で気付いたことがあります。

 
それは
さーっと目を通すだけでも
入ってくるものが、あるということ。

と言うより
じっくり読んでいたときより
おもしろいと、感じられた本もありました。

以前読んだ時には
退屈に感じたのに
「結構おもしろいじゃん」
と思える本もありました。

 
今思うと
ゆっくり読んでいた時には
頭に入ってこないものも
無理に入れようとして
時間をかけていたような気がします。

 
さーっと目を通していると
必要な情報は
目に飛び込んできます。

もっと時間をかけて読みこみたい部分も
何となく分かります。

自分って
自分が思っている以上に
いろんなことが分かっているのだと思います。

だからゆっくり読んでいた時に
退屈に感じたのは
「このスピードは合ってないよ」とか
「この情報は今受け取れないよ」と
訴えていたんだと、今は思います。

 
そして、今思うと
「何のために読むのか?」
という視点が欠けていたんだと思います。

 
大切なのは
「本の作者」が「何を伝えたいか?」
ではなく
「自分」が「何を受け取りたいか?」

 
その視点を持つと
目的によって
当然読むスピードも変わります。

変わって当然だと思います。

 
そしてそれは
本を読むことだけでなく
仕事や全ての経験についても
言えることのような気がします。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

facebook(フォローは遠慮なくどうぞ)

ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

スポンサードリンク