Pocket

昨日のブログで
小中学校の道徳授業が
特別教科になることについて
書きました。
「道徳の授業はつまらなかった!」

 
昨日書いてみて
まだモヤモヤしてるので
もう少し書いてみます。

 
なぜイジメが起こるんでしょう。

なぜイジメられる子は
「NO!」と言えないんでしょう。

なぜ自殺が増えるんでしょう。

 
いろんな理由が考えられます。

 
でも私は、子どもたちが
「自分を尊重できない」
ことが理由のように思います。

 
自分を尊重できないから
いじめられやすいし
自殺に走ってしまう。

そして
自分を尊重できないと
人のことも尊重できないし
イライラしてしまうから
安易に誰かをイジメてしまう。

 
では
子どもに自分を尊重してもらうために
周りの大人は
何が出来るのでしょうか?

大人たちが
子ども一人一人を
尊重することだと思います。

そして大人自身が
自分を尊重することの見本を
示すことだと思います。

 
「尊重する」ことの反対語を
知ってますか?

「無視する」ことです。

 
私たちは
出会う一人一人を尊重して
接しているでしょうか?

注意を向けているでしょうか?

ちゃんと向き合っているでしょうか?

イジメや自殺は
結果にすぎないですね。

自分や他人に
丁寧に向き合ってこなかった結果です。

 
道徳という教科で、優劣をつけるとか
小手先を考える前に
やるべきことがあるんじゃないか。

 
そう思いました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

facebook(フォローは遠慮なくどうぞ)

ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

スポンサードリンク