Pocket

本を読んでいて
気付きが得られる時
ありますよね。

そんな時、どうしてますか?

 
以前の自分だったら
本をもっと読み進めて
深く知ろうとしてたと思います。

でも今はまず
本を置いて
気づいたことを実践すると思います。

 
学習って
「重ね塗り」のような作業だと思います。

「一度やって終わり」ではなく
体験の繰り返しの中で
理解が深まっていく。

 
大学まで10年間英語を学んでも
実用的に使えない人が
多いですよね。

文法的な知識は豊富にあるけど
使いこなせない。

インプットばかりで
アウトプットの機会が少ないと
そうなってしまいます。

 
人間の脳は
一度にたくさんの新しいことは
使いこなせないですね。

 
たとえば英語でも
いきなり複雑なことを伝えるのは
難しいと思います。

でも自分の名前や趣味を伝えるだけなら
そんなに大変じゃない。

そして簡単な肯定文を
スムーズに言えるようになったら
多少複雑な言葉も
聞き取りやすくなるし
理解しやすくなる。

漆を塗る時に
一度目よりも
二度目、三度目の方が塗りやすくなる。
それと同じですね。

 
逆に
完全に学んでから
実践しようというやり方は
とても非効率ですね。

せっかく学んでも
使いこなせない。

結局
実践(アウトプット)の段階で
またシンプルなことから
やり直さないといけないです。

 
あなたは
いつから実践を始めますか?

今実践できることは何ですか?

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

facebook(フォローは遠慮なくどうぞ)

ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

スポンサードリンク